[ニュース] 大量出品手数料が2月から課されるようになりました

おそらく無在庫販売セラーの数が増えてきたからでしょう。

アマゾンが大量に出品しているセラーに対して、1出品商品につき、0.005円を手数料として課されるということになりました。

以下、ヘルプより抜粋

2015年2月1日より、大量出品手数料を導入します。この手数料は月単位で計算され、翌月の明細に記載されます。手数料は、Amazon.co.jp で出品中のSKU数(本・ミュージック・ビデオ・DVDを除く)に基づいて算出されます。該当SKU数が200万点を超えた場合に、その超過分に対して1 SKUごと0.05円の手数料が適用され、ひと月内でSKU数が変動する場合は、その月内で該当する出品SKU数の最大数に基づいて計算します。

たとえば、ある月に本・ミュージック・ビデオ・DVD以外の出品SKU数が合計で300 万点になった場合、手数料は下記計算式により50,000円になります。

無在庫メインで大量出品しているセラーさんには痛手ですね!

やはりアマゾンも無在庫販売は暗黙の了解で存在を認めつつも、(完全に否定するとアマゾンの売上が急激に落ちちゃうので) できるだけ減らして在庫をきちんと持って販売するセラーを増やしていきたい意向のようですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ